西川議長に議会運営改善の申し入れ

5月22日
日本共産党浦安市議団は5月22日、新しく議長に就いた西川議長に議会運営の改善を14項目にわたって求める申し入れを行いました。1時間近く懇談しましたが、特に議会のインターネット中継やケーブルテレビ放映、議会だよりの在り方など、市民への情報提供について積極的な姿勢を表明するとともに民主的運営にと努めるとする意志を表明しました。

申し入れ全文はこちら

2017.7.24

市議会報告 8月号外を発行しました こちら


2017.7.17

市議会報告 1422号を発行しました こちら


2017.7.10

市議会報告 1421号を発行しました こちら

内田市長の事業総点検

市長・行政だけで結論を出すのはいかがか!

2017年8月号外

内田市長は、6月議会冒頭のあいさつで、今後の市政運営の考え方を表明するとともに、前松崎市政の下で進められていた施策事業の総点検をおこない、見直しや中止すべき事業などを明らかにしました。200の事業のうち半数を継続、残り半分は中止、条件つき実施、来年度以降中止などの方向で検討していることを示し、今後もさらに対象を増やして総点検する方針です。


指定管理者制度、PFI手法の調査費1124万円計上

すでに多くの弊害が露呈しているのに

2017年7月17日

6月議会で議決した補正予算に指定管理者制度とPFI手法について、今後の方向性や展望、課題などについて調査・検証する経費が合計で1124万円余計上されました。 日本共産党は先月19日の会派代表質問でその必要性を質しました。


許可するか否か、市長判断避ける!

産婦人科医院の隣に納骨堂建設計画

2017年7月10日

産婦人科医院の隣に建設される納骨堂を含む寺院の移転計画に対して反対を訴える、「私たちも浦安ダイスキ!千光寺新納骨堂ビル建設に反対します」と書かれたのぼり旗が、建設場所のすぐ近くのフェンスに設置されています。 日本共産党は6月議会にて納骨堂建設問題を一般質問しましたので報告します。


産婦人科医院の隣に納骨堂建設計画

6月議会一般質問

2017年6月26日

当代島1丁目の産婦人科医院の隣に、富岡4丁目の宗教法人が納骨堂を含む寺院の移転計画を進めていることについて、浦安市医師会や近隣住民が、建設に強く反対し、墓地や納骨堂の設置要件を定めた条例の改正を浦安市に求めています。


日本共産党市議団

元木美奈子

元木美奈子のブログはこちらLinkIcon

元木美奈子へのmailLinkIcon

鹿児島県出身、1949年生まれ。 香川大学教育学部卒。大阪市内の小学校で教員。
入船4丁目さつき苑 在住。
1999年市議会議員当選(現在5期目)。会派代表。教育民生常任委員。
「九条の会・浦安」会員。九条の会・千葉地方議員ネット会員。

みせ 麻里

みせ麻里のブログはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
みせ麻里へのmailLinkIcon

1966年1月北海道帯広市生まれ。
北栄在住。
近畿大学豊岡短大卒。
ハイヤー協同組合、福祉公社、幼稚園、企業組合事務局などで働く。
おやこ劇場運営委員、新日本婦人の会浦安支部役員として、乳幼児医療費無料化や、児童センター新設の運動に取り組む。
2007年市議会議員選挙で当選(3期目)。
浦安市川病院組合議会議員(09年解散まで)。
都市経済常任委員。
議会運営委員。