◆浦安市政アンケートにご協力ください。アンケート用紙はこちら

2018.6.11

市議会報告 1459号を発行しました こちら

2018.6.4

市議会報告 1458号を発行しました こちら

2018.5.28

市議会報告 1457号を発行しました こちら

内田悦嗣市長に、国民健康保険制度の都道府県化にあたって
日本共産党市議団は、国保税を引き上げないよう求める申し入れを12月25日、行いました。
市長は「希望に応えられるようにしたい」旨の回答をしてくださいました。
申し入れん全文はこちら

浦安フェスティバル事業 補助金追加2200万円

陳情が議員配布に

2018年6月11日号

6月議会が始まりました。議案13件、諮問2件が審議されます。5日の議会運営委員会では、陳情が2件ともに委員会付託されずに議員配布と決定されています。

病児保育 対象を12歳まで拡大

送迎対応はどうする?

2018年6月4日号

本市はいよいよ今年度から病気中の子どもであっても保育する病児保育を順天堂大学付属病院内でスタートしました。さらに対象年齢も今年度からは小学6年生までに拡大して実施します。

子ども図書館の検討

2018年度当初予算

2018年5月28日号

3月議会の教育民生常任委員会(2018年度予算審議)にて、日本共産党は子ども図書館について質しました。

指定管理施設の市立保育園などを民営化!

2018年5月21日号

浦安市は市が所管する福祉施設のうち、指定管理者に運営させている保育園や高洲特養ホームなどを民営化する方針を、4月12日開催の議員説明会の中で提示しました。

国保の「都道府県化」─国保税の引き下げこそ必要!

2018年5月号外

いよいよ今年度から国民健康保険(国保)の財政運営を浦安市から千葉県に移行する「都道府県化」がスタートします。
3月議会における日本共産党の会派代表質問では、今年度は「現行の税率」を維持する方針を明らかにしました。

行徳高校定時制の存続を

2018年4月23日号

3月議会の教育民生常任委員会(2018年度予算審議)にて、日本共産党は行徳高等学校定時制の存続を浦安市から千葉県に求めるよう質しました。

日本共産党市議団

元木美奈子

元木美奈子のブログはこちらLinkIcon

元木美奈子へのmailLinkIcon

鹿児島県出身、1949年生まれ。 香川大学教育学部卒。大阪市内の小学校で教員。
入船4丁目さつき苑 在住。
1999年市議会議員当選(現在5期目)。会派代表。教育民生常任委員。
「九条の会・浦安」会員。九条の会・千葉地方議員ネット会員。

みせ 麻里

みせ麻里のブログはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
みせ麻里へのmailLinkIcon

1966年1月北海道帯広市生まれ。
北栄在住。
近畿大学豊岡短大卒。
ハイヤー協同組合、福祉公社、幼稚園、企業組合事務局などで働く。
おやこ劇場運営委員、新日本婦人の会浦安支部役員として、乳幼児医療費無料化や、児童センター新設の運動に取り組む。
2007年市議会議員選挙で当選(3期目)。
浦安市川病院組合議会議員(09年解散まで)。
都市経済常任委員。
議会運営委員。