11月2日、内田市長に、市民要望の実現を求めて申し入れを行いました。
日本共産党として、寄せられた回答を要望項目として所管別にとりまとめたものです。要望内容は市政全般に及び、要望項目は116項目となります。

申し入れ分と要望項目


2019.3.25

市議会報告 1496号を発行しました こちら


2019.3.18

市議会報告 1495号を発行しました こちら


2019.3.11

市議会報告 1494号を発行しました こちら

公共施設を営利企業へ無償・減額貸付可能に

2019年3月25日号

市が所有する土地や建物などの「公有財産」は、「行政財産」と「普通財産」に分類されていますが、3月議会では「行政財産」を民間に無償貸付又は、時価より低い価額で貸付できるとする条例の改定案があり、日本共産党以外の議員は賛成したため可決されました。

公契約、労働者の賃金確保と雇用環境のルール化を

2019年3月18日号

日本共産党は、浦安市が発注する工事や業務委託の契約において、現場で働く末端の労働者まで適切な賃金水準が保障されるような仕組みづくりをこれまで繰り返し求めてきました。3月議会でも改めて求めました。

放課後うらっこクラブ、今年夏頃より全小学校で実施予定

2019年3月11日号

これまで、児童育成クラブと放課後異年齢児交流促進事業は別々の事業として予算書に掲載されてきました。ところが、新年度の予算書には放課後うらっこクラブ運営事業として一本化して計上されています。

「公私連携型保育園」に移行

2019年3月4日号

消費税増税とセットで10月からの導入方針が国から伝えられている「幼児教育の無償化」について、浦安市は今後の対応方針を明らかにしました。

消費税増説、公共施設使用料の便乗値上げ。市民への負担増 約6億円

2019年2月25日号

先週22日、会派代表質問にて、今年10月1日に消費税10%への増税と便乗して施行が狙われている公共施設使用料などの引き上げにより、浦安市民は約6億円も負担増となることが日本共産党の質問より明らかになりました。

3月議会がはじまりました

2019年2月18日号

先週15日、3月議会が招集され、内田市長から施政方針演説の後、36議案と人権擁護委員4名の諮問について、提案理由が述べられました。 新年度当初予算の概要と新規事業をお知らせします。

日本共産党市議団

元木美奈子

元木美奈子のブログはこちらLinkIcon

元木美奈子へのmailLinkIcon

鹿児島県出身、1949年生まれ。 香川大学教育学部卒。大阪市内の小学校で教員。
入船4丁目さつき苑 在住。
1999年市議会議員当選(現在5期目)。会派代表。教育民生常任委員。
「九条の会・浦安」会員。九条の会・千葉地方議員ネット会員。

みせ 麻里

みせ麻里のブログはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
みせ麻里へのmailLinkIcon

1966年1月北海道帯広市生まれ。
北栄在住。
近畿大学豊岡短大卒。
ハイヤー協同組合、福祉公社、幼稚園、企業組合事務局などで働く。
おやこ劇場運営委員、新日本婦人の会浦安支部役員として、乳幼児医療費無料化や、児童センター新設の運動に取り組む。
2007年市議会議員選挙で当選(3期目)。
浦安市川病院組合議会議員(09年解散まで)。
都市経済常任委員。
議会運営委員。